success-1123017_1280

日常会話に必要な中国語単語3000語を効率よく覚える方法

この記事を書いた人
中国語学習サポーター 歩(AYUMI)。四大でゼロから中国語を学び、3年間の上海勤務を経て、現在は中国語ネット講師として活動。発音が得意で、出会ったネイティブ全員に中国人と間違えられるほど。趣味は海外一人旅。
詳しいプロフィールはこちら

 

中国語単語3000語を効率よく覚えていく方法…。それは、「自分にとって必要な単語から覚えていく」ことです。

ところで、中国語で日常会話ができるようになるために必要な単語数はどれくらいかご存知ですか?実は、約2000~3000語もあるんです。でも、こんな大量の単語を覚えるとしたら、いったいどれくらいかかるのでしょうか。

長期間、且つ地道な作業が必要とされる単語の暗記ですが、みなさんは今までどのように覚えてこられましたか?教科書に出てきた単語を上から順番にすべて覚えようとしてませんか?

自分にとって必要な言葉かどうかを判断せず、出会った単語すべてを覚えようとすれば、話せるようになるまでにすごく時間がかかってしまいますよね。

そこで今回は、「自分にとって必要な単語から覚えていく方法」をご紹介したいと思います。

<スポンサーリンク>

 

 

1.単語を選ばないと起こること2つ

hand-944306_1280

①話せるようになるまで時間がかかる

教科書に出てきた単語を全て覚えようとすると、中国語が話せるようになるまで余計な時間がかかってしまいます。それはどういうことかという話しをしましょう。

例えば、ある2人が一定期間に頑張って1000語を覚えたとします。

Aさんは覚える単語を厳選し、1000語のうち80%が普段よく使う言葉でした。もう一人のBさんは単語を厳選せず、1000語のうち、よく使う言葉は30%しかありませんでした。

みなさんは、AさんBさんのどちらがより早く中国語を話せるようになると思いますか?

word1

きっと、普段よく使う言葉をたくさん知っている、Aさんでしょう。

話す言語が日本語から中国語になっただけで、その人が普段話す内容に大きな差はないはずですよね。よって、この2人が中国語で会話しようとした時、言いたい単語が出てくる確率が高いのはAさんです。

このように自分が普段話す言葉から覚えていくと、自分にとっての最短距離で中国語が話せるようになるんです。

 

②使わない単語はすぐ忘れるため、覚えたことが無駄になる

「私はすぐに話せなくても構わないわ!」という人もいるかもしれませんが、単語を厳選して覚えた方がいい理由はもう一つあります。

それは、あまり使わない単語は忘れやすいので、結果的に覚えた時間が無駄になってしまうということです。覚えてないというのは、以前にどれだけ時間を使って記憶したとしても一度も覚えていないのと同じですよね…。

もし普段使う言葉から覚えていけば、授業中や中国人との会話で何度も出てきて、記憶が強く刻まれて忘れにくくなります。

こういった理由から、中国語の単語を覚えるときは、自分の普段使う言葉から厳選していったほうがいいのです。

 

 

2.単語を選んで覚えていく方法

glasses-272399_640

 

それでは、「どのように中国語の単語を厳選して覚えていくのか」というのを、ここで実践してみたいと思います。

例えば、このような教科書の単語リストがあったとします。

番号 単語 ピンイン 意味
古迹 gǔjì 古跡
最好 zuìhaǒ 最も良い
预报 yùbaò 予報
感兴趣 gǎn xìngqù ~に興味がある
餐厅 cāntīng レストラン

この中で普段使う言葉としては、「2.最好(最も良い)」「4.感兴趣(~に興味がある)」「5.餐厅(レストラン)」あたりでしょうか。

逆に、今すぐ覚えなくてもよさそうな単語は、「1.古迹(古跡)」「3.预报(予報)」かな。

歴史好きでもない限り、「古跡がさ…」とかいう話は普段しないかなと。

 

覚える単語が定まったら、中国語が上手に話せる人に共通する単語の覚え方 でも話した通り、①発音、②意味、③使い方を確認していきます。ここでは、「2.最好」を使ってみましょう。

 

①発音を確認する

まずは、①発音。CDを聴いたり、先生に聞いてもいいでしょう。ちなみに「最好」の発音はこちら。

 

②意味を確認する

そして、②意味ですが、まず日本語訳で意味を確認。「最も良い」ですね。それから、中中辞書でもその言葉本来の意味を確認しましょう。

オンラインの中中辞書は、『百度词典』が使えます。ちなみに、「最好」を検索してみるとこんな感じ。

zuihao1-3

赤で囲っているところをみると、1.の”best”は英語で説明していますね。2.は「あらゆる人と物を超えたもの」、3.は「最も優れているもの、極限まで良いもの」で、その下に、「コーヒーを作る一番いい方法」と例文が載っています。それから、下の赤で囲った部分には、「意味は、最も理想的な選択、最大の望みを表す」と書いてあります。

まぁこうやって全体的な意味を見渡すと、「最好」は、”ある分野で一番理想的な選択”といったところでしょうか。

このように検索した結果の中で、さらにわからない単語が出てくることはたくさんあります。その時は、その単語も調べてもいいですが、あまり追いかけすぎると嫌になってしまうので、ほどほどにしておいて諦めてもいいかもしれません。

あと、すべての単語をこのように調べるのも大変なので、日本語訳だけではよくわかりづらい単語を選んで調べてみましょう。

 

③使い方を確認する

その次に③使い方。使い方はまず本文を確認して、この言葉をどうやって使っているかを確認します。このときは、「你最好去医院。」(病院に行ったほうがいい)とありました。「最好~」で、「~するのがいい」と表現していますね。

そのあとに、この単語と自分が知っている単語を組み合わせて、他の表現ができないか考えます。例えば、「你最好吃东西。」(何か食べたほうがいいよ)「你最好说中文。」(中国語で話したほうがいいよ)とか、いろいろ組み合わせると、表現の幅が広がります。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

中国語の単語は、教科書にあるすべての単語を覚えようとするのではなく、自分が普段使いそうな言葉を厳選して覚えていってください。

貴重な時間を無駄な勉強でつぶさないためにしましょう。

バナー発音トレーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です