holzfigur-980784_1280

理由は簡単!なぜあなたは中国語の勉強が続けられないのか

 

こんにちは。中国語学習サポーター 歩です。

突然ですが、中国語の勉強を続けるために一番大切なことは何だと思いますか?

いろんな意見があるとは思いますが、私は、「必要性」だと思っています。

自分にとって中国語がどれだけ必要かということです。

今回は、中国語の勉強も含めて、何か新しい事を続けるには「必要性」って大事だなと思った出来事があったので、そのお話をしたいと思います。

 

目次

1.今まで何度も英語を勉強しようとしたが、全然続かなかった苦い話

2.こんな怠け者さんでも「やるべき時になったらやれるんだ」と思った出来事

3.やっぱり何事も「必要」じゃなきゃ続かない!

 

 

1.今まで何度も英語を勉強しようとしたが、全然続かなかった苦い話

holzfigur-980784_1280

中国語もいいけど、やっぱり英語も大事だな!と思い、今まで何度も英語を勉強しようと試しました。まずは発音から!と思って発音の教材を買ってみたり、フレーズを集めなきゃ!とフレーズ集を買ってみたり、友達に無理やり外国人の友達を紹介してもらって飲みに行ったり(そのときは自己紹介すらもろくにできず、相当凹んだ)。

スケジュールも立てました。毎日これだけやるぞ!って決めて。

英語を勉強するためにいろんなことを試してみました。でも、全然続きませんでした。いくら効率的な勉強方法を知っていても、素晴らしい教材を持っていても、立派なスケジュールを立ててもやっぱり駄目で。「コツコツ続ければ誰でも話せるようになる」そんなことは頭でわかってはいても、続けられないから喋れない。

普通はみなさん平日仕事がありますよね。だから毎日コツコツやるには、朝の時間、通勤時間、帰宅後などのスキマ時間を活用するしかないんですが、それを毎日続けられる人ってどれくらいいるんでしょうか?

実際、それができる人って極わずかで、多くの人は続けられないのが現実ですよね。そんな人でも続けられる方法ってあるのかな?と、ずっと考えてました。

 

 

2.こんな怠け者さんでも「やるべき時になったらやれるんだ!」と思った出来事

thumb-489516_1280

現在はSkypeで中国語の授業をしている私ですが、数か月前に会社を退職してからは、日本の実家でのんびり過ごしていました。

その頃にはすでに旅に出る計画は立てていて、旅に行くまでに予防接種打ったり、保険を探して契約したり、買いためて読んでない本もたくさんあって、やることてんこ盛りで。

気持ちとしては、しっかり準備して最高の旅にしたいという気持ちはあったので、限られた時間を無駄にしないように、「よし、朝は早起きして英語勉強して、午後は・・・」なんて寝る前に決めるんですが、…一日たりともそれを実行できた日はありませんでした(笑)

朝7時半にセットした目覚ましが鳴り、それを一つの作業のように切り、10時まで寝るというのがその頃の習慣。起きるたびに、あー今日もやってしまった。なんで起きられないんだろう? と毎日もやもやしていました。

あるとき、家族で旅行に行くことになっていて、次の日の出発が朝7時半。毎日10時まで寝ているので、ちゃんと起きれるのかと心配だったんですが…当日4、5時間睡眠だったにも関わらず、気持ちよくすっと起きたんです(笑)

それでそのとき、「あ、人ってやるべき時はできるんだな(笑)」と感じたんですよね。起きなきゃ怒られるとか、人に迷惑かけるとか、自分が困るとか、起きないと困る状況になれば、どんな生活してたって全然起きられるんだなって。

 

 

3.やっぱり何事も「必要」じゃなきゃ続かない!

girl-763065_1280

そんなことがあって、じゃあ語学の勉強ではどうなんだろう? と考えてみたんですが、英語が毎日できないのって言い換えれば、「毎日やらなくたって誰も困らない」からなんじゃないかと思うんです。

英語やらなくたって怒られないし、自分が死ぬわけでもない。ただ、喋れるようにならないだけです(笑)

そうは言っても、やっぱり喋れるようになりたい!という方にお勧めな方法。それは、喋れなくては困る状況をつくること。日本語が一切使えなくて、英語が話せないとすんごい困る場所。ご飯も食べれない、道も分からない、帰れない・・・とか。

私の場合だと、以前NYに一人旅したときに人と交流できなくて少し寂しかったので、今回の旅では英語を話せるようになっていろんな人と交流してみたい!というのが勉強する動機になっています。

 

話は変わりますが、実は少し前に、中国語がペラペラな人たちに、どうして話せるようになったのかインタビューしていました。6人の方にお願いして話を聞いているうちに、話せるようになった理由として一つの共通点があったんです。

それは、「中国語を話す必要性」があったこと

今すぐ仕事で中国語を使う必要があった。当時付き合っていた韓国人の彼との共通語が中国語だった。中国の農村にボランティアへ。彼らと交流するために必要だった…などなど。

”中国語を勉強すること”が必要だったわけじゃない。”中国語を使って何かをする”必要あったんです。

だから、継続するには「必要性」ってのは本当に大事だなと思いました。

 

 

【まとめ】今すぐ必要ないなら、いっそ辞めちゃうのもアリ!

 

中国語を教えている身がこんなこというのもあれですが、イヤイヤ中国語を勉強しているという方は、「今すぐ中国語が必要なのか?」と心に聞いてみてください。

将来的には中国語は必要なんだけど、今すぐには…とか、ちょっとやる気ないな…というときはいっそのこと辞めてもいいと思います。(楽しく続けられている方はそのまま突っ走ってください!)

毎日コツコツやらなきゃいけないんでしょ?本当に辞めて大丈夫なの?と思われるかもしれませんが、大丈夫です!本当に必要になったときは、嫌でもやりますから(笑)

「語学は必要がないとできないものだ」と割り切って、その時が来るのも待ってみるのもいいかもしれませんね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です