Mactan

【旅日記-セブ】マクタン島へ行くなら気を付けるべき3つのこと

 

今日ほど外を警戒して歩いた日はあっただろうか…

 

今回は、「フィリピンのマクタン島に行くなら気をつけたいこと」という内容をお送りしていこうと思います。

 

今回のラインナップ!

1.マクタン島の交通手段がヤバすぎるから気を付けろ!

2.空港タクシーの客引きに気を付けろ!

3.蚊が多すぎて…デング熱に気を付けろ!

 

 

1.マクタン島の交通手段がヤバすぎるから気を付けろ!

 

まずは見てください、この光景。

Mactan

Mactan

歩道がない。すぐ真横を車がびゅんびゅん走ってる。

 

地下鉄なんてない。あるのは、

▼ジプニー

Mactan

▼バタバタ

Mactan

そして、バイクタクシーと普通のタクシーです。

 

 

パタパタの客引きがとにかくスゴいから、試しに近くのスーパーへ行ってみた。

 

あたかも ここに住んでます 的な雰囲気を醸し出して、ホステルを出発。

開始5分も経たずして、「こんにちは~!」と声をかけられる。

 

来た来た…

 

男「どこいくの?」

私「近くのスーパーまで」

男「バタバタあるよ!」

私「大丈夫、歩いて行くから」

男「乗って乗って!いいから乗って!」 ← とにかくしつこい

私「…いくら?」

男「100ペソ(200円くらい)」

私「高い。50でいい?」

男「OK!OK!」

 

男が おーい と呼ぶと、バタバタがやってきました。

Mactan

私「往復で50ペソ。OK?」

男「OK!OK!」

私「じゃあ絶対お店の前で待っててね!絶対待っててね!」

男「OK!」

 

お店出たらいない なんてこと普通にありそうだから、

めっちゃ念を押してみた。

そして乗車。

Mactan

 

 

 

こうして走ること3分、Savemore MARKET へ着きました。

Mactan

しばらく買い物を済ませて戻ってくると、さっきの男が待っていて、

こっちだ と道路の反対側へ誘導。

 

 

・・・あれ、さっき乗ってきたバタバタが見当たらない? と思ってたら、

男が「これに乗れ」と一言。

 

Mactan

 

 

 

おい待て、ジプニーじゃないか

さっきのバタバタはどこいったんだ

 

 

初めてのジプニーに乗り込む私。

どこに連れていかれるんだという不安な気持ちしかない。

Mactan

 

しかし、何事もなく無事にホテルの目の前で停車。ふぅ、よかった。

そしてチップを「気持ち、気持ち」と要求されたので、10ペソ渡しました。

 

 

やっとホテル帰れる~と思っていたら、また別のバイクが寄ってきて…

 

「こんにちはー!マッサージ?どうー?」

「どうどうー???」

 

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

 

・・・あーーーーもういいわ!!!!

 

 

今回の教訓 ⇒ 必要ないときは、ひたすら断れ!

 

 

2.空港タクシーの客引きに気を付けろ!

 

ここへ来るとき気を付けたいのが、空港タクシーのいやらしい客引き。

 

セブ空港へ着いてからホテルに向かうためにタクシーを利用しようと探していると、

向こうから「タクシー?」と男性が近づいてきました。

 

男「タクシー?」

私「うん」

男「じゃあこっち来て。」

 

と荷物を勝手に持たれ、男の歩く方向へ。

タクシー乗り場に着いてみると、私が連れてこられたのは黄色のタクシーで、

反対側に白いタクシーが止まっていて、数人がそこに並んでました。

 

その光景を見た瞬間、「しまった!」と思ったけどもう遅い。

私の荷物はすでにタクシーの中へ。

必死に「白いタクシーに乗る」と言ったけど、

ダメだと言われ、100ペソ(240円くらい)のチップを要求された。

 

「チップを自分から要求ってどういうこと!?」と思ったけど、

トラブルに巻き込まれるのも嫌だったので、これくらいならと思ってチップを渡した。

 

走り始めてから今度は、タクシー代をいくら請求されるのかが気が気でない

ドライバーは気性が荒く、窓から通行人に怒鳴り散らしていたからだ。

Mactan

もうどうなっても覚悟を決めようと思い、ホテルに着いてからいくらか聞いてみた。

 

私「いくらですか?」

ドライバー「300ペソ(800円くらい)」

私「(あれ?そこまで高くない?)」

 

タクシーを降りてからお礼を言うと、無表情であごをツンとして、

そのまま去っていきました。

 

この話をダイバーさんにしたら、

白いタクシーなら200ペソくらいで、

少し割高だけど300ならぼったくられてはないよ。ということでした。

運が悪いと、800ペソとか請求される人もいるらしい。

 

あ~よかった…。

 

今回の教訓 ⇒ ニコニコ寄ってくるやつには絶対ついていくな!

 

 

蚊が多すぎて…デング熱に気を付けろ!

 

ここに来るなら、シャンプーより化粧品より必要なもの、それは 虫よけスプレー

とにかく蚊の数がすごい

一日で、平気で5か所は刺されます。

 

しかも、蚊の存在に気づかない。

「蚊に刺されないように気を付けなきゃ」とか言ってる場合じゃない。

気を付けてても知らない間に刺されてます。外でも部屋の中でも関係ない。

 

蚊からの感染病で怖いのはマラリアですが、

幸いにもここにはマラリアを持つ蚊はいないそう。

 

私が恐れてるのは、デング熱

インフルエンザよりも軽いらしいですが、

発病すれば、数日間は熱に悩まされ、帰国もできない。

 

知り合ったダイバーさんもデング熱にかかったことがあるそうで、

ここでは、風邪と同じくらい流行している病気のようです…

 

潜伏期間は2週間程度。発病するとしたら、きっと次の国に行ったときだと思うけど、

もー怖い、本当に怖い。

 

近くのスーパーには、置き型、プラグ型、空中に撒くタイプの蚊取線香がありましたが、

体に塗るタイプは売ってなかった・・・。

 

幸いにも私の部屋にはこんな感じで蚊避けがついていたので、寝るときは快適です。

mactan

部屋にいるときはひとまずここへ避難してます。

なんかお姫様になった気分だよね・・・♡

ちなみにここは、一泊2000円前後。

Mactan

▼お庭きれい

Mactan

▼ご飯もおいしい

Mactan

 

お高いホテルに泊まるなら必要ないかもだけど、

ユースホステルや安宿に泊まるなら蚊避けネットは必要かも。

 

今回の教訓 ⇒ シャンプーよりも化粧品よりも、虫よけスプレー!

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

この3日間で見たもの、感じたことを2回にわたって紹介してみました。

 

どの国もそうだけど、良い面、悪い面両方あります。

治安が悪くたって、フィリピンが大好きで移住する人も少なくないそう。

少々ぼったくられたってボランティアだと思えばいいよね。

 

以上、常夏の島、マクタンからお送りしました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です