DSCF1079

【旅日記-台湾】烏来で天然温泉と烏来瀑布に癒された話

 

1/9~1/17で行った、台湾9日間の旅。

 

今回一人旅のスタート地点を、なぜ台湾にしたのか。

理由① 日本から近い

理由② 中国語通じるし安全だし、初めてのバックパックとしては難易度が低い

理由③ みんな「台湾いいよ~」と言うから

 

ただ、それだけだ。

自由気ままなバックパック旅はそんな軽いノリで十分っ(笑)

 

そして、友人が「私も行く~♫」とのことだったので、台湾は二人で周ることに。

その友人は、上海、北京、カンボジアと、いろんなところを一緒に旅してきた旅友でもある。

彼女は小さい時にアメリカに住んでいたこともあって、

海外とか外国人に対する免疫もあるし、ちょっとやそっとのことではぎゃあぎゃあ言わない。

 

上海で客引きに追いかけられて走って逃げたり、

私に突き飛ばされて電車のドアに挟まったりしても、ぎゃあぎゃあ言わなかった。

 

そんな二人で見てきた台湾。すべてはではないが、

とくに面白かった場所をピックアップして紹介したいと思う。

 

 

– 台湾の温泉地『烏来』で天然温泉に癒される –

 

台湾の旅、5日目。

この日は、台湾の温泉地である『烏来(ウーライ)』へ。

taipei taipei

台北市から烏来までは、バスで1時間半ほど。

 

このバスに乗れば直接烏来に着くんだ~便利だな~と思ってたら、

DSCF1061

ん?ちょっと待て、烏来までのバス停の数が半端ないぞ。

今いる台北车站から烏来までは、1,2,3,4…約70駅目…えぇええ(゜゜)

 

DSCF1063

おいおい…と途方に暮れながらバスに乗っていたが、

道中二人とも爆睡で、気づけばもう烏来に着いていた。

 

▼烏来の川。美しい~

DSCF1071

DSCF1079

 

烏来のお目当ては、トロッコと天然温泉

なぜ烏来に来たのかと言えば、「トロッコにものすごく乗りたいから」といっても過言ではない。

事前にGoogleマップで調べておいたトロッコ乗り場の近くまで行ってみると、

ひとりの男性が声をかけてきた。

 

 

おじさん
ドコイクノー?

 

 

大抵気安く話しかけてくる奴は客引きに決まってるので、最初あんまり相手にしなかったが、

どこに行けばいいのかよくわからなかったので、

 

トロッコに乗りたいんだけど

 

と聞くと、彼はこう言った。

 

 

おじさん
トロッコはもうやってないよ

 

 

え?トロッコやってないの?

 

どうやら去年の8月頃に、ここ烏来はひどい台風で大きな被害を受けて、

まだ復旧してなかったらしい…。

「えー…、トロッコやってないのー…」と、落ち込む2人。

 

まぁしょうがないよねという話になり、

気を取り直して、事前に調べておいた小川源温泉を探しに行った。

 

とことこ道なりに歩いてみると、目の前に人だかりを発見。

DSCF1088

 

気になるから行ってみよう!と近づいてみると、

なんと、川のそばに即席でできた天然温泉が!

DSCF1096

 

これこそ、The 天然温泉よね(笑)

左を見れば、水着を着ながら気持ちよさそうにくつろぐ地元民たち。

右を見れば、川の流れにそって泳ぐおじさん。

脱衣所もなかなかの即席感。

wulai2

DSCF1100

wulai1

 

湯加減を確かめようと手を入れてみたが、

あっつい!! めちゃくちゃあっつい!!

 

こりゃ熱すぎて入れんやろ…と思っていたら、地元のおばちゃんが中国語で、

 

 

おばちゃん
你们不进来吗~?(あんたら入らないの~?)

 

不进去!(入りません!)

 

笑顔でお断りしておいた。

 

でも、この温泉入ったら結構面白いかも?と思って、

友人に、「水着着れば入れるみたいだよ♫」と冗談交じりで言ってみた。

そうすると「いや、ないっしょ」とちょっと引かれてしまったので、

そ、そ、そうだよね! と何もなかったかのようにその場を切り抜けた。

 

 

 

道を逆戻りし、お目当ての小川源温泉を探しに。

道になりに歩いていると、目の前に『小川源温泉』という文字を見つけた。

 

あったね~!と2人で言いながら近づいてみると、何か店内の様子がおかしい。

そして、目の前に立てられた看板に目をやる二人。

 

”諸事情により、本日のみ休業”

 

おいー!休業って!!”本日のみ”っていうところに、

何で私ら今日ここへ来ちゃったんだろうねという雰囲気が漂う。

 

しょうがないので他に入れる温泉を探していると、『明月温泉』という看板を発見。

ようやく入れる温泉を見つけることができました。

wulai4

 

温泉自体は日本とあまり変わらないスタイル。

脱衣所があって、洗い場と浴槽がある。ぬるいお湯と熱いお湯に分かれていた。

 

そして、全浴槽が開放的な露天風呂!

雨のにおい漂う山々の天然イオンに囲まれ、とっても気持ちの良いお風呂だったのでした。

 

それから、『烏来瀑布』という滝も見に行った。

タクシーで10分くらい、山道を登ったところにあった天然の滝。

こんなに高さがあって幅の広い滝って、今まであんまり見たことない…。

 

wulai3

 

いろんなハプニングがあったけど、温泉と滝にしっかり癒された一日でした♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です